臭い体とはさようなら、わきがに悩むのはもう終わり

臭い体とはさようなら、わきがに悩むのはもう終わりにしましょう。

 

わきがの原因として考えられることの大きなものとしては、遺伝体質ということが言えます。

 

両親のどちらかがわきがの場合には、子どもがわきがになる可能性が高くなりますし、父親、母親でなくても祖父母がわきが体質の場合には、それが遺伝することでわきがになる可能性があると言われています。

 

わきがの原因としてはアポクリン腺の量なのですが、アポクリン腺が多い程、そこから出る汗は臭いを発する汗なので、わきがの臭いを引き起こしてしまいます。
遺伝的な要素としてアポクリン腺の量が関わってくるのです。

 

こういった遺伝的な要素がかなり大きな割合を占めているのですが、この他には遺伝的な要素に加えて、生活習慣も関わってきます。
脂っこい食事を中心にしているとわきがの臭いがきつくなりやすいですし、ストレスが多い状態になっているのも影響します。

 

食生活は脂っこいものではなく和食中心に心がける、ストレスを減らすようにストレス解消を心掛けるということが良いと言えます。

 

またわきがである人が肥満になってしまうと、普通の人よりも汗をかきやすくなります。

 

そのためにわきが体質とあわさって臭いがきつく出てしまうということがあるので、注意をすることが必要だと言えます。
わきがだと自覚している人は、肥満を解消するために気をつけるようにしましょう。

 

またわき毛がたくさん生えていると、そのところに菌が繁殖しやすくなり、結果として臭いにつながってしまうということが考えられます。
わきが体質の場合には、いつもわきはきれいに毛をそって清潔にしておくように心がける必要があります。

 

このような色々な原因がありますが、わきがであることは自覚できる人とできない人がいるので、自分がわきがかどうかということが悩む
わきがかもしれないという時には、周りの人に自分のわきがについてどう思うかということを、聞いてみることもお勧めします。

 

こうすることによって、知らず知らずのうちにわきがで周りに迷惑をかけてしまうということを防げます。

 

多汗症の解決方法

 

 

人間の体は、運動をすると体温が高まるため過剰な熱を体内にとどめないために、汗を出して体温調節を行っています。

 

しかし、緊張をすると副交感神経が刺激されることで汗をかくようになるという特徴もあります。そのため、汗をかかない食事法を取り入れる場合、「熱いものを控えること」「副交感神経を安定化させること」を重用する必要があります。

 

熱いものを控える

 

ラーメンやうどんなどスープの温かいものを食べたり、カレーなどのスパイスが聞いた食べ物を食べると代謝が高まることで汗がよく出るようになります。ひとえに、体内の温度が高まるからと言えます。一方で、体温を上げない食事をとることで余分な汗を排出することがないため、結果として多汗症の予防となります。では、体温を上げないための食事とはどのようなものがあるのでしょうか?

 

代表的なものは、夏野菜です。夏野菜は主に夏に撮れるお野菜のことであり、特徴として夏の暑い日差しの中で体温が上昇してしまい汗が排出されやすくなる夏の時期に夏の旬の食材を食べることで、体温の上昇を抑える効果があるといわれています。夏野菜の中で体温を下げる効果があるのものは、トマト、きゅうり、ナスなどがあります。すべての食材には、カリウムが含まれています。カリウムは体温を下げる働きがあることから積極的にとることで体温の上昇を抑え、結果的には多汗症の抑制につなげることができます。

 

副交感神経を抑える方法

 

次に副交感神経が高まることで汗がかきやすくなるメカニズム解決するためには、リラックスがポイントとなります。リラックス状態でいれば、副交感神経が刺激されることがありませんので、結果として汗の量を抑えることができるようになります。では、副交感神経を安定化させるために必要なものはなんでしょうか?それは、においです。

 

人間の嗅覚は、良い香りを吸えばリラックス効果を感じるようにできているため、香りのよい食品をたべることがおすすめです。例えば、ハーブティーや紅茶など風味の良いドリンクを使用するのが良いでしょう。

 

どの方法も、自宅で簡単にできるものばかり。ぜひ、多汗症に悩む方の解決につながるといいなと思います。

 

ノアンデの効果